親鸞仏教センター
お問い合わせ
 
「現代を生きる人々」と対話するために
HOME親鸞仏教センター概要アクセスサイトマップ
濁浪清風今との出会い研究活動報告出版物紹介講座案内ブックレビュー
 HOME > 親鸞仏教センター概要
親鸞仏教センター概要
研究
 現代に向かって親鸞の教えを発信するためには、最先端の問題に関わっておられる方々から時代の課題を学ぶことをとおして、親鸞の訴える人間解放の視点をいただき直すことである。現代に親鸞の願いを伝えるには、どのような言葉で語ればいいのか、新しい表現を探究する。

(1) 現代と親鸞の研究会(年3回)
 「現代とは何か」をテーマに、さまざまな分野で活躍される方々から専門分野での課題とその苦闘を問題提起いただき、時代の課題と親鸞の思想・信念との接点を探る。

(2) 英訳『教行信証』研究会(月1回)
 鈴木大拙師の英訳『教行信証』を参照しつつ、英訳をとおして『教行信証』の現代的表現を試みる。

(3) 清沢満之研究会(月1回)
 現代と親鸞の思想・信念の接点を探るため、清沢満之師の思想の現代的意味を究明する。

(4)『教行信証』化身土巻・末巻研究会(月1回)
 『教行信証』化身土巻で親鸞聖人が述べられた「教誡」という言葉の持つ現代的意義を考究していきます。

(5)『西方指南抄』研究会(月1回)
 親鸞が法然の言葉に託したメッセージをひも解きながら、現代における浄土の意義を考えていきます。
交流
 親鸞思想に依って立つ人間関係のつながりをめざす。有識者、学術研究及び教育諸機関など、思想的分野や実践的分野で今日当面する課題を担っておられる研究者や専門家との交流をとおして、人類が救われる真の言葉を探究する

(1) 公開講座「親鸞思想の解明」(年9回)
 親鸞の生きた人生態度を、現代社会の大切な思想として掘り起こそうと、親鸞の思想・信念を時代社会の関心の言葉で思索し、考え直す試みとして公開講座を行う。

(2) 親鸞仏教センター研究交流サロン(年2回)
 親鸞仏教センターの研究会や『アンジャリ』等でいただいた提言や課題を、親鸞思想によって現代の思想界に表現していくために、ある共通なテーマにもとづいて有識者が相互に意見交換のできる研究交流の場として、緩やかでかつ出入り自由なネットワークづくりを試みる。

(3) 親鸞仏教センターのつどい(年1回)
 研究会講師、『アンジャリ』執筆者その他センターにご縁をいただいた有識者をお招きし、講演と交流懇談をとおして、活動のさらなる充実をはかる。

(4) 親鸞仏教センター公開輪読会(年12回)
 センター研究員といっしょに仏教の『聖典』をひもとき、仏教の言葉に現代を生きる力を見出していく、公開仏教ワークショップ。

(5) インタビュー(年数回)
出版
 現代の諸問題と人間の抱える課題の共有を願い、情報誌『アンジャリ』・研究誌『現代と親鸞』・機関紙『親鸞仏教センター通信』を発行。センターの研究成果や講演内容を広く公開する。

(1) 『アンジャリ』(年2回刊行)
 経済、思想、教育など、専門分野で活躍される方々に現代の課題とその苦闘を執筆いただき、21世紀の確かな時代の方向を探る情報誌。

(2) 『現代と親鸞』(年2回刊行)
 「現代と親鸞の研究会」をはじめ、公開講座「親鸞思想の解明」や研究論文等を掲載し、研究成果を世に問う研究誌。

(3) 『親鸞仏教センター通信』(年4回刊行)
 研究内容や交流活動など、センターの活動を紹介する機関紙。
ページトップへ
アクセス スタッフ紹介
濁浪清風今との出会い研究活動報告出版物紹介講座案内バックナンバー一覧
親鸞仏教センター
MAP
親鸞仏教センターfacebook

親鸞仏教センター [真宗大谷派]<br>〒113-0034 東京都文京区湯島2-19-11
TEL 03-3814-4900 
FAX 03-3814-4901 
mail:shinran@higashihonganji.or.jp
 
掲載の記事・写真の無断転載を禁じます
Copyright©The Center for Shin Buddhist Studies. All rights reserved.
ホーム 親鸞仏教センター概要 講座のご案内 スタッフ紹介 バックナンバー一覧 リンク サイトマップ アクセス