親鸞仏教センター
お問い合わせ
 
「現代を生きる人々」と対話するために
HOME親鸞仏教センター概要アクセスサイトマップ
濁浪清風今との出会い研究活動報告出版物紹介講座案内ブックレビュー
 HOME > 濁浪清風
濁浪清風
 親鸞の視点には、いつも自分を自分のへそのあたりから見るようなところがある。決して頭の上から見下ろすことをしない。かといって、自分の外部から突き放して見るのでもない。内臓の中にあたかも内部を照らす鏡を置くように、じっくりと自分を見つめていくのである。その眼で同時代の人間のありさまを見据え、その鏡で過去・未来・現在の濁世(じょくせ)の本質を見抜いていくのである。  私たちの生活している場所を、「濁世」という。その濁りは、工場排水がきれいな川を汚しているようなことではない。人間の生活の一部からこの環境を汚すこともある、というのではない。その濁りの本質は、自分のへそからみた、自分自身の濁りと同じ質であるというのである。
 普通、私たちはいつも自分自身のことはさておいて、「この世はひどく汚い」と感じ、他人には「ひどいやつだ」と思い、したがって、「この人間世界がだめなのだ」と批判するのである。ところが、親鸞という人は、そういうふうに感じたり見たりしている眼を、自分のへそのあたりに据え付けてくるのである。頭の上から人生を見下ろし、他人を批判するのでなく、へそのあたりから見ている自分自身と世界とを重ね合わせて、全体に響いてくるような真理からの呼びかけを、じっと聞いていくのである。
 「眼に聴覚を重ねるのだ」といってもよいかもしれない。眼で見るということは、眼の性質上、自分の外のものや事象を見ていくことである。眼は眼自身を見ることはできない。眼で世界を見ていくのが、人間の普通のものの見方である。それを先程は、頭の上から見下ろすといったのである。さらにいうなら、自分の眼には、生まれてこのかた、自分の経験によって蓄積された色づけがある。その色づけのぐあいも、自分の眼からは見えない。いうならば、サングラスをかけてものを見ているとき、サングラスの色を自分で気づくことができないようなものである。その色の濁りを感知するような感覚を、たとえて聴覚というのである。 (2003年6月)
Backnember ページトップへ
濁浪清風今との出会い研究活動報告出版物紹介講座案内バックナンバー一覧
親鸞仏教センター
MAP
親鸞仏教センターfacebook

親鸞仏教センター [真宗大谷派]<br>〒113-0034 東京都文京区湯島2-19-11
TEL 03-3814-4900 
FAX 03-3814-4901 
mail:shinran@higashihonganji.or.jp
 
掲載の記事・写真の無断転載を禁じます
Copyright©The Center for Shin Buddhist Studies. All rights reserved.
ホーム 親鸞仏教センター概要 講座のご案内 スタッフ紹介 バックナンバー一覧 リンク サイトマップ アクセス