親鸞仏教センター
お問い合わせ
 
「現代を生きる人々」と対話するために
HOME親鸞仏教センター概要アクセスサイトマップ
濁浪清風今との出会い研究活動報告出版物紹介講座案内ブックレビュー
 HOME > 濁浪清風
濁浪清風
親鸞教学の現代的課題――――生まれ直しの思想(8)

  親鸞は、『無量寿経』の「横截(おうぜつ)五悪趣」の文を、善導の「横超断四流」の文に付き合わせて、「横超(おうちょう)」が信心内面の功徳であることを表されている。この「横さまに超える」ということを、少し考えてみたい。私たちは普通、この世の苦悩を突破する宗教的智見が、この世のレベルを超越すると表現されているとき、いわゆる日常生活の地平を上昇的に超えて行くようにイメージするのではないかと思う。この上部に超越する果てに、「天界」も想像されるようである。いわば、鳥瞰図(ちょうかんず)的に日常生活を見下ろすような超越が一般的に予想されるのだと思う。
  それに対して、親鸞は「超発(ちょうほつ)菩提心」とか「超発希有大弘誓(希有の大弘誓を超発せり)」というとき、この「超」を「横(おう)」の方向の超越として考察しようとした。これをどうイメージすればよいのであろうか。親鸞に「心を弘誓(ぐぜい)の仏地に樹(た)て」という表現がある。仮にこれをイメージに取り入れるなら、われらが弘誓の大地を根拠として立ち上がるなら、その根拠とする大地の広大・無辺の平面が日常世界をも場として包みつつ、その日常生活の閉鎖性を突破して無限に開かれていく場をわれらに開くということではないか。鳥瞰図に対して虫瞰図という語を造った人がいたが、煩悩の大地をむしろ涅槃の場に転じていくような大悲願心のはたらきを表そうとするのではないであろうか。「虫」という言葉がもつイメージを、煩悩具足・罪悪深重の凡夫に置き換えるなら、むしろ地獄の底を「一定(いちじょう)すみか」と見定めるような願心の視座を言うのであろう。一切衆生を平等の慈悲の視界に置いて、業繋(ごうけ)を弘誓の場として引き受ける法蔵願心が、その衆生を「光を背にして闇へ」と超越的に突入させるのである。
  善導の「能生清浄願往生心(のうしょうしょうじょうがんおうじょうしん)」という二河譬(にがひ)の喩(たと)えの表現を、親鸞は「衆生貪瞋(とんじん)煩悩中」に「能生清浄」の「願心」が生ずると言う。この「願心」は法蔵願心であろうが、発起する場は「衆生貪瞋煩悩中」である。衆生の煩悩の心を竪(しゅ)に超えるのでなく、むしろ衆生の心の根源に掘削(くっさく)的に超発すると言うのではないか。それを「横」に発起(ほっき)すると表現する。私たちが自分で煩悩生活を超えようとするのでもなく、また貪瞋煩悩の圧力に負けるのでもない。碍(さわ)りだらけの濁世の有情が、無碍の願心に帰依することによって、自分の力で碍りを超えるのではないが、本願力によって一切の有碍を超えることが成り立つのだと言うのである。無量光が「一切の有碍にさわりなし」と光明摂取のはたらきを届けてくるからである。(2015年5月)

最近の『今との出会い』一覧
Backnember ページトップへ
濁浪清風今との出会いブックレビュー
研究活動報告出版物紹介講座案内バックナンバー一覧
親鸞仏教センター
MAP
親鸞仏教センターfacebook

親鸞仏教センター [真宗大谷派]<br>〒113-0034 東京都文京区湯島2-19-11
TEL 03-3814-4900 
FAX 03-3814-4901 
mail:shinran@higashihonganji.or.jp
 
掲載の記事・写真の無断転載を禁じます
Copyright©The Center for Shin Buddhist Studies. All rights reserved.
ホーム 親鸞仏教センター概要 講座のご案内 スタッフ紹介 バックナンバー一覧 リンク サイトマップ アクセス