親鸞仏教センター
お問い合わせ
 
「現代を生きる人々」と対話するために
HOME親鸞仏教センター概要アクセスサイトマップ
濁浪清風今との出会い研究活動報告出版物紹介講座案内ブックレビュー
 HOME > 今との出会い
キーワード:別れ、気づき
Vol.165 別れと気づき 親鸞仏教センター嘱託研究員 田村晃徳
 

 2月には大切な日がある。それは2月15日である。仏教徒でなければ、この日が何の日であるかはわからないかもしれない。この日はお釈迦様が入滅、つまり、その生涯を終えた日である。

 お釈迦様が入滅した様子を描いた「涅槃(ねはん)図」をよく見ると、興味深いことに気づく。それは横たわるお釈迦様を見て、悲しんでいる者と、平静を保つ者たちに別れているのであろう。解説によれば、それは無常の理を知る者と、そうでない者たちの差であるという。お釈迦様が入滅するまでに、覚(さと)りが開けなかったアーナンダは、当然のごとく悲しんでいる。「私をあわれんでくださるわが師はお亡くなりになるだろう」と悲しむアーナンダに、お釈迦様は次のように述べたという。


やめよ、アーナンダよ。悲しむな、嘆くな。アーナンダよ。わたしは、あらかじめこのように説いたではないか、―すべての愛するもの・好むものからも別れ、離れ、異なるに至るということを。およそ生じ、存在し、つくられ、破壊さるべきものであるのに、それが破滅しないように、ということが、どうしてありえようか。アーナンダよ。そのようなことわりは存在しない。 (『ブッダ最後の旅』中村元訳137ページ)
アーナンダがこれを聞いて、悲しみがやんだとは思えない。そして、私たち凡夫からすれば、大切な人と別れる際に悲しみをこらえきれないアーナンダにこそ、親近感を覚える。お釈迦様は、アーナンダの気持ちは承知であったはずなのに、なぜそのような言葉を述べたのか。

 それは、やはりアーナンダが大切であったからだろう。自分が亡くなっていく姿をもって、アーナンダに文字通り渾身(こんしん)の説法をするのである。愛弟子の成長を最後まで望んでいたお釈迦様の姿、先程のアーナンダの言葉を用いれば「あわれんでくださるわが師」の姿がよく見えてくる。人は、別れによって大きな気づきを得るのだ。

 私は保育園に携わっているが、そこでは仏教行事も行う。あるとき、ふと気づいた。子どもたちの1年間の成長が、お釈迦様の生涯とリンクしているのである。4月に新しいクラスとなったときは、新しい自分の誕生を喜ぶ。これはお釈迦様の誕生会とリンクする。そして、日々の生活を通じ、大切なことを学び、気付いていく。これは12月の成道会が関係する。そして2月となり、もうすぐ別れが来るであろう仲間たちを思いつつ、生活を続けていくのである。別れは悲しい。しかし、別れがあるから、逆に自分が出会っていたものの大きさを知る。お釈迦様の人生を知ることは、人の成長の過程を知ることなのである。

田村 晃徳(親鸞仏教センター嘱託研究員)

最近の『今との出会い』一覧
Backnember ページトップへ
濁浪清風今との出会いブックレビュー
研究活動報告出版物紹介講座案内バックナンバー一覧
親鸞仏教センター
MAP
親鸞仏教センターfacebook

親鸞仏教センター [真宗大谷派]<br>〒113-0034 東京都文京区湯島2-19-11
TEL 03-3814-4900 
FAX 03-3814-4901 
mail:shinran@higashihonganji.or.jp
 
掲載の記事・写真の無断転載を禁じます
Copyright©The Center for Shin Buddhist Studies. All rights reserved.
ホーム 親鸞仏教センター概要 講座のご案内 スタッフ紹介 バックナンバー一覧 リンク サイトマップ アクセス