親鸞仏教センター
お問い合わせ
 
「現代を生きる人々」と対話するために
HOME親鸞仏教センター概要アクセスサイトマップ
濁浪清風今との出会い研究活動報告出版物紹介講座案内ブックレビュー
 HOME > 研究活動報告 > 聖典の試訳:『唯信鈔文意』研究会
研究活動報告
聖典の試訳:『唯信鈔文意』研究会
 一声の念仏で救われるのか、それとも数多く称えることで救われるのか……。この一念・多念の論争は、法然門下のみならず親鸞を慕っていた関東の門弟の間でも大きな問題となっていたようである。一念であろうと多念であろうと、互いの主義主張に執することは両者の溝を深めていくばかりである。
 そこに親鸞が見たのは、念仏申すということの根本問題ではなかったか。すなわち、念仏は「法蔵菩薩の誓願の念仏である」という意識の欠落である。阿弥陀の誓願を信じていないから、そのような一念・多念という数の発想が出てくるのではないか……。つまり、一念・多念の論争は念仏における分限の問題である。親鸞は、一念も信心の問題、多念も信心の問題として、念仏の要は信心であることを述べている。ここに、念仏の回数を問題とするいわゆる自力執着の立場から、すべてを阿弥陀に任せるという他力への大転換がある。(嘱託研究員 法隆誠幸)
『唯信鈔文意』試訳 18 >> PDF版はこちら
原文
 「不簡破戒罪根深(ふけんはかいざいこんじん)」(五会法事讃)というは、もろもろの戒(かい)をやぶり、つみふかきひとを、きらわずとなり。このようは、はじめにあらわせり。よくよくみるべし。

 「乃至十念(ないしじゅうねん) 若不生者(にゃくふしょうじゃ) 不取正覚(ふしゅしょうがく)」(大経)というは、選択(せんじゃく)本願の文(もん)なり。この文(もん)のこころは、乃至十念(ないしじゅうねん)のみなをとなえんもの、もしわがくににうまれずは仏(ぶつ)にならじとちかいたまえる本願なり。「乃至(ないし)」は、かみ・しもと、おおき・すくなき・ちかき・とおき・ひさしきをも、みなおさむることばなり。多念にとどまるこころをやめ、一念にとどまるこころをとどめんがために、法蔵菩薩(ぼさつ)の願じまします御(おん)ちかいなり。
現代語訳
 「不簡破戒罪根深」(『五会法事讃』)というのは、諸々の戒を破る人も罪深い人も、分け隔てせず、排除しないということである。このことについては、すでに述べているので、よくご覧いただきたい。

 「乃至十念 若不生者 不取正覚」(『大無量寿経』)というのは選択本願の文(第十八願)である。この文の要は、阿弥陀如来のみ名を「乃至十念」称えるものが、もし私の国に生まれないならば、私は仏には成るまい、と誓われた本願なのである。「乃至」は、上と下、多いと少ない、近いと遠い・久しいをも、すべて収(おさ)める言葉である。数多く念仏せねばならないとこだわる心を止(や)めさせ、あるいは念仏は一回称えるだけでよいとする心を止めさせるために、法蔵菩薩が願われたお誓いである。
 「非権非実(ひごんひじつ)」(唯信鈔)というは、法華宗(ほっけしゅう)のおしえなり。浄土真宗(じょうどしんしゅう)のこころにあらず。聖道家(しょうどうけ)のこころなり。かの宗(しゅう)のひとにたずぬべし。
 「非権非実」(『唯信鈔』)というのは法華経を宗としている天台宗の教えであり、浄土真宗では用(もち)いない。聖道門の人の考えである。このことはその宗の人にたずねなさい。
 
 「汝若不能念(にょにゃくふのうねん)」(観経)というは、五逆十悪の罪人(ざいにん)、不浄(ふじょう)説法のもの、やもう(病)のくるしみにとじられて、こころに弥陀(みだ)を念じたてまつらずは、ただ、くちに南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)ととなえよとすすめたまえる御(み)のりなり。これは、称名(しょうみょう)を本願とちかいたまえることをあらわさんとなり。「応称無量寿仏(おうしょうむりょうじゅぶつ)」(観経)とのべたまえるは、このこころなり。「応称」は、となうべしとなり。「具足十念(ぐそくじゅうねん) 称南無無量寿仏(しょうなむむりょうじゅぶつ) 称仏名故(しょうぶつみょうこ) 於念念中(おねんねんちゅう) 除八十億劫(じょはちじゅうおくこう) 生死之罪(しょうじしざい)」(観経)というは、五逆の罪人(ざいにん)は、そのみにつみをもてること、と八十億劫(こう)のつみをもてるゆえに、十念南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)ととなうべしと、すすめたまえる御(み)のりなり。一念にと八十億劫(こう)のつみをけすまじきにはあらねども、五逆のつみのおもきほどをしらせんがためなり。「十念」というは、ただくちに十返(じっぺん)をとなうべしとなり。しかれば、選択(せんじゃく)本願には、「若我成仏(にゃくがじょうぶつ) 十方衆生(じっぽうしゅじょう) 称我名号(しょうがみょうごう) 下至十声(げしじっしょう) 若不生者(にゃくふしょうじゃ) 不取正覚(ふしゅしょうがく)」(往生礼讃)ともうすは、弥陀(みだ)の本願は、とこえまでの衆生、みな往生すとしらせんとおぼして、十声(じっしょう)とのたまえるなり。念と声(しょう)とは、ひとつこころなりとしるべしとなり。念をはなれたる声(しょう)なし。声(しょう)をはなれたる念なしとなり。この文(もん)どものこころは、おもうほどはもうさず。よからんひとにたずぬべし。ふかきことは、これにてもおしはかりたまうべし。
 南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)

 いなかのひとびとの、文字(もんじ)のこころもしらず、あさましき愚痴(ぐち)きわまりなきゆえに、やすくこころえさせんとて、おなじことを、たびたびとりかえしとりかえし、かきつけたり。こころあらんひとは、おかしくおもうべし。あざけりをなすべし。しかれども、おおかたのそしりをかえりみず、ひとすじに、おろかなるものを、こころえやすからんとて、しるせるなり。


康元二歳正月二十七日
愚禿親鸞八十五歳  書写之
   「汝若不能念」(『観無量寿経』)というのは、五逆・十悪を犯した罪人や私利私欲のために法を説いた者が、病の苦しみにさいなまれ、心に阿弥陀仏を想い念じることもできないならば、ただ口に「南無阿弥陀仏」と称(とな)えよと勧めてくださっているみ教(おし)えである。これは、称名こそ本願の誓いである、ということを表わしているのである。「応称無量寿仏」(『観無量寿経』)と説かれているのは、この意味である。「応称」とは、称(とな)えなさいということなのである。「具足十念 称南無無量寿仏 称仏名故 於念念中 除八十億劫 生死之罪」(『観無量寿経』)というのは、五逆罪を犯した人がその身に背負う罪は、八十億劫という永きにわたって重ねられた罪のさらに十倍にもあたるほどなのだから、十声、南無阿弥陀仏と称えなさいとお勧めになったみ教(おし)えである。もちろん、一声の念仏によってもそのような罪が消せないわけではない。しかし、五逆という罪の重さをしっかりと自覚させるために、あえて「十念」と言うのである。「十念」とは、ただ口に十遍の念仏を称(とな)えなさいということである。だから、選択本願を善導大師は「若我成仏 十方衆生 称我名号 下至十声 若不生者 不取正覚」(『往生礼讃』)と言われるのである。これは、阿弥陀如来の本願においては、たとえ十声(とこえ)称(とな)えるだけでも皆往生するということを知らせようと、「十声」と言われるのである。念(ねん)と声(しょう)は同じことだ、と知りなさいというのである。念をはなれた声はなく、声をはなれた念もない。これらの文の意(こころ)は、十分に言い尽くしたわけではない。よく心得ているであろう方にたずねなさい。深い意味は、以上申し上げたことからも推し量っていただけるでしょう。
 南無阿弥陀仏

 都から離れたいなかの人々は、文字というものも知らず、浅はかで愚かであることきわまりない。そのような人々が、よく心得られるようにと、同じことを、何度も繰り返し繰り返し、書きつけたのである。すでに心得ていると思っているような人は、きっとおかしく思い、嘲(あざけ)るに違いない。そうではあるけれども、多くの人の謗(そし)りをかえりみず、ただひたすら、愚かなるものが心得やすいようにと、記したのである。

康元二歳正月二十七日
愚禿親鸞八十五歳  これを書写する
(原文は、東本願寺発行の『真宗聖典』五五八〜五五九頁)
(訳:親鸞仏教センター)
試訳をめぐって
原文
 多念にとどまるこころをやめ、一念にとどまるこころをとどめんがために、法蔵菩薩(ぼさつ)の願じまします御(おん)ちかいなり。
現代語訳
 数多く念仏せねばならないとこだわる心を止(や)めさせ、あるいは念仏は一回称えるだけでよいとする心を止めさせるために、法蔵菩薩が願われたお誓いである。
 
 「多念にとどまる」、この文は当初「数多く念仏することにとらわれ」と試訳されていた。しかし、その訳では、数多く念仏するという実践にとらわれていることになるのではないだろうか。「とどまる」という言葉には、“善しとする心”というニュアンスがあるように思われる。すなわち、多念がよいと思ったり、一念がよいと思ったりするその“こころ”に問題の所在があるのではないか。現代語訳では、そのことを十分に反映できる訳を目指した。
 加えて、これでいいのだと自分を納得させるような、そこで終ってはだめだということが法蔵の誓いであるという文章内容になっていることが非常に考えさせられるという感想が、本研究会の場で述べられていたことも記しておきたい。
『唯信鈔文意』の現代語化を終えて
親鸞仏教センター嘱託研究員 法隆誠幸

『歎異抄』に引き続き行なわれてきた『聖典』の試訳、『唯信鈔文意』の現代語化であるが、四年半(二〇〇六年九月二十九日〜二〇一一年四月十三日)、延べ五十九回に及ぶ研究会を経てその作業を終えることとなった。
 本研究会は、異分野を専攻する研究員たちが集い、また立場も世代もまったく異なる人々が一つの『聖典』試訳に取り組むというもので、そうして紡ぎ出された言葉がこのたびの現代語試訳である。その過程においては、現代語化されることで原典のもつ迫力、文章のリズムといったものがスポイルされてしまわないかという懸念がいつも付きまとっていた。わかりやすさを求めれば、試訳は説明的になり、つまらないものになってしまう。何より、親鸞の意に沿うことを心がけながらもその意味内容を開き進めようとすれば、そこには自ずと解釈が入り込んでいく。それでも、「現代」というフィルターを潜(くぐ)って試訳がつけられることには、少なからず意義があるのではないだろうか。
 『唯信鈔文意』は、その奥書が示すように「いなかのひとびと」すなわち関東の同朋(=生活者)に向けて書かれたものである。人間として共有したい、共に考えていきたいことがあるからこそ、親鸞は繰り返し繰り返し書き付けたのだろう。本試訳が、教えの言葉(原典)にふれる契機となれば幸いである。
 本紙への掲載は今号をもって終了となる。すべての内容は再編集され今後まとめられる予定であるが、その際にはぜひ手に取っていただきたい。

Backnember ページトップへ
公開講座 親鸞思想の解明 現代と親鸞の研究英訳『教行信証』研究会
清沢満之研究会 聖典の試訳『尊号真像銘文』研究会 「『教行信証』と善導」研究会
『西方指南抄』研究会親鸞仏教センター研究交流サロン インタビュー
濁浪清風今との出会い研究活動報告出版物紹介講座案内バックナンバー一覧
親鸞仏教センター[真宗大谷派]


親鸞仏教センターfacebook

〒113-0034 東京都文京区湯島2-19-11
Tel.03-3814-4900 Fax.03-3814-4901
e-mail:shinran@higashihonganji.or.jp

※掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。