親鸞仏教センター
お問い合わせ
 
「現代を生きる人々」と対話するために
HOME親鸞仏教センター概要アクセスサイトマップ
濁浪清風今との出会い研究活動報告出版物紹介講座案内ブックレビュー
 HOME > 研究活動報告 > 親鸞仏教センター研究交流サロン
研究活動報告
親鸞仏教センター研究交流サロン
第1回「親鸞仏教センター研究交流サロン」を開催(2009年2月26日)
テーマ 20世紀アメリカ文化と現代

発題機(顕修畔弧世箸い視点から(國府田隆夫氏)
発題供.バマ大統領就任の意味(有賀夏紀氏)

  親鸞仏教センターは、2001年7月の設立以来、多くの有識者の方々と交流・対話を重ねてきたが、設立8年目を迎えた本年、当センターと有識者の方々との間のみならず、有識者相互間の更なる研究交流をめざし、「親鸞仏教センター研究交流サロン」を開設した。
 第1回は、「20世紀アメリカ文化と現代」をテーマに、物理学者の國府田隆夫氏(題:「文化と文明という視点から」)、埼玉大学教養学部教授の有賀夏紀氏(題:「オバマ大統領就任の意味」)のお二方から発題していただき、その後、約30名の参加者全員で意見交換がなされた。
 発題では、國府田氏からは、「文明とは誰もが参加できる普遍的、合理的、機能的なものを指し、文化とはむしろ不合理なものであり、特定の集団においてのみ通用するもので、他に及ぼし難い」という司馬遼太郎の定義を引きながら、「アメリカは多文化社会、つまり文明社会である。今後、文明・文化の二項対立ではなく、それらを超えたものを作っていかねばならない。その時のキーワードは宗教ではないかという気がする」と述べられた。
 続いて、有賀氏から、「多文化主義の社会は、他の文化や人権を尊重することが前提条件であり、多民族国家であるアメリカを統合してきた。オバマ氏の大統領就任は、その成果の一つだと思う。現在、グローバル化の進行に伴い、多様な民族・人種の共生が世界の各地で見られるようになった。移民が問題化している国も多々ある。そこで、この多文化主義は、多様な民族・人種が平和に共生していくための有効な原理となり得るかという問いを提起したい」と提言をいただいた。
 今後も、親鸞仏教センターでは、「研究交流サロン」を継続開催し、この時代を生きる人間の課題を接点とし、各分野の有識者の方々と交流を深めながら、親鸞聖人の思想、信念を表現していく当センターの活動を展開していきたいと考えている。

(文責:親鸞仏教センター)

※ 内容は、『現代と親鸞』第19号に掲載しています。





國府田隆夫(こうだ たかお) 物理学者・東京大学名誉教授
 1932年、東京に生まれる。56年、東京大学工学部応用物理学科卒業後、61年、東京大学大学院博士課程終了。専門は、物性物理学、応用物理学。
 著訳書に『光物性測定技術』(東京大学出版会)など多数。また、『アンジャリ』第7号に「大学の現況と将来―教養教育の復権を求めて」、『現代と親鸞』第11号に「科学・哲学、そして宗教の間の対話を求めて――科学者は現代の情況に免責か?」(共に親鸞仏教センター)を執筆いただいている。


有賀夏紀(あるがなつき) 埼玉大学教養学部教授
 1944年、東京に生まれる。お茶の水女子大学文教育学部卒業、東京大学大学院社会学研究科国際関係論アメリカ専攻博士課程終了。スタンフォード大学大学院修了(Ph.D.)。現在、埼玉大学教養学部教授。専門は、アメリカ史、アメリカ研究、女性学。
 著訳書に『アメリカの20世紀(上・下)』(中公新書)、『アメリカ・フェミニズムの社会史』(勁草書房)、『アメリカの歴史』(共編、有斐閣アルマ)、『世界の食文化 アメリカ』(共著、農文協)など多数。また、『アンジャリ』第7号に「「ナンバーワンにならなくても良い」?――アメリカ流進歩の思想を考える」(親鸞仏教センター)を執筆いただいている。
Backnember ページトップへ
公開講座 親鸞思想の解明 現代と親鸞の研究英訳『教行信証』研究会
清沢満之研究会 聖典の試訳『尊号真像銘文』研究会 「『教行信証』と善導」研究会
『西方指南抄』研究会親鸞仏教センター研究交流サロン インタビュー
濁浪清風今との出会い研究活動報告出版物紹介講座案内バックナンバー一覧
親鸞仏教センター
MAP
親鸞仏教センターfacebook

親鸞仏教センター [真宗大谷派]<br>〒113-0034 東京都文京区湯島2-19-11
TEL 03-3814-4900 
FAX 03-3814-4901 
mail:shinran@higashihonganji.or.jp
 
掲載の記事・写真の無断転載を禁じます
Copyright©The Center for Shin Buddhist Studies. All rights reserved.
ホーム 親鸞仏教センター概要 講座のご案内 スタッフ紹介 バックナンバー一覧 リンク サイトマップ アクセス