親鸞仏教センター
お問い合わせ
 
「現代を生きる人々」と対話するために
HOME親鸞仏教センター概要アクセスサイトマップ
濁浪清風今との出会い研究活動報告出版物紹介講座案内研究員一覧
 HOME > ブックレビュー > ブックレビュー(書評)
ブックレビュー(書評)
2007年 7月
『やさしさの精神病理』
  大平 健 著 [岩波新書 780円 1995年]

 もともと「やさし」というやまと言葉は、他者の視線を意識して自分の至らなさを恥じ入るあまり、こちらがやせ細るような気持ちになることを意味したと言われる。その感情はかつては日本人のもつ謙譲や慎み深さという美徳につながっていたのであろう。精神科医である著者は、いまや他人を傷つけないことが「やさしさ」であるという。驚くべきことに、現代における「やさしさ」は精神病理のひとつのあらわれであると断じるのである。
 この本が出版されたのは10年以上も前の、1995年のことだが、著者のいう「やさしさの精神病理」は現代の若者を中心にますます蔓延しつつあるようだ。

文責:山本伸裕(センター研究員)

最近のブックレビュー一覧
[2007年8月]:『西の魔女が死んだ』 梨木 香歩 著
[2007年8月]:『世界の[宗教と戦争]講座』 井沢 元彦 著
[2007年8月]:『生きる意味』 上田 紀行 著
[2007年7月]:『善悪の彼岸へ』 宮内 勝典 著
[2007年7月]:『スッタニパータ さわやかに、生きる、死ぬ』 羽矢 辰夫 著
Backnember ページトップへ
濁浪清風今との出会いブックレビュー
研究活動報告出版物紹介講座案内バックナンバー一覧
親鸞仏教センター
MAP
親鸞仏教センターTwitter親鸞仏教センターfacebook

親鸞仏教センター [真宗大谷派]<br>〒113-0034 東京都文京区湯島2-19-11
TEL 03-3814-4900 
FAX 03-3814-4901 
mail:shinran@higashihonganji.or.jp
 
掲載の記事・写真の無断転載を禁じます
Copyright©The Center for Shin Buddhist Studies. All rights reserved.
ホーム 親鸞仏教センター概要 講座のご案内 スタッフ紹介 バックナンバー一覧 リンク サイトマップ アクセス