親鸞仏教センター
お問い合わせ
 
「現代を生きる人々」と対話するために
HOME親鸞仏教センター概要アクセスサイトマップ
濁浪清風今との出会い研究活動報告出版物紹介講座案内研究員一覧
 HOME > ブックレビュー > ブックレビュー(書評)
ブックレビュー(書評)
2008年 7月
『セレンディピティの探求』
  澤泉 重一・片井 修 著 [角川学芸出版 1714円 2007年12月]

 どんな小さな発見や創造でも、それら身のまわりでおこる出来事は、しばしば偶然の産物であるように思われる。
 実際、科学の分野におけるちょっとした失敗や回り道によってもたらされる新奇な現象は、従来の常識を打ち破るような大発見に結びついてきたのである。
 「セレンディピティ」とは、「当てにしていなかった対象を、偶然の察知により発見する力」のことを意味する造語であるが、この言葉に近年のノーベル賞受賞者たちがこぞって言及するようになってきた。
 もともと「セレンディップ」ということばの語源は、セイロン(現在のスリランカ)に求められるという。すなわち、セレンディッポの三人の王子が旅の途中の思いがけない出来事からつぎつぎと新たなことを発見していくという寓話(ぐうわ)に、この造語の起源があるのである。
 科学の発見が、偶然の出合いに真剣な眼差(まなざ)しを向けようとしているという事実に、仏教に親しむ者も無関心ではいられないのではないか。

文責:山本 伸裕(センター研究員)

最近のブックレビュー一覧
[2008年9月]:『イスラエル ありのままの姿』 栗谷川 福子 著
[2008年8月]:『街場の現代思想』 内田 樹 著
[2008年8月]:『日本を降りる若者たち』 下川 裕治 著
[2008年8月]:『人間の測りまちがい ―差別の科学史―』(上・下) スティーヴン・J・グールド 著
[2008年8月]:『太平洋戦争と新聞』 前坂 俊之 著
Backnember ページトップへ
濁浪清風今との出会いブックレビュー
研究活動報告出版物紹介講座案内バックナンバー一覧
親鸞仏教センター
MAP
親鸞仏教センターTwitter親鸞仏教センターfacebook

親鸞仏教センター [真宗大谷派]<br>〒113-0034 東京都文京区湯島2-19-11
TEL 03-3814-4900 
FAX 03-3814-4901 
mail:shinran@higashihonganji.or.jp
 
掲載の記事・写真の無断転載を禁じます
Copyright©The Center for Shin Buddhist Studies. All rights reserved.
ホーム 親鸞仏教センター概要 講座のご案内 スタッフ紹介 バックナンバー一覧 リンク サイトマップ アクセス