親鸞仏教センター
お問い合わせ
 
「現代を生きる人々」と対話するために
HOME親鸞仏教センター概要アクセスサイトマップ
濁浪清風今との出会い研究活動報告出版物紹介講座案内研究員一覧
 HOME > ブックレビュー > ブックレビュー(書評)
ブックレビュー(書評)
2008年 8月
『人間の測りまちがい ―差別の科学史―』(上・下)
  スティーヴン・J・グールド著
  /鈴木 善次・森脇 靖子 訳
[河出文庫 各1500円 2008年]

 「知能指数(IQ)」という言葉は多くの人が知っているだろう。テレビのクイズ番組でも、最近この言葉が出てくるものがよくある。しかしその数字がどのような根拠で算出され、この言葉にどのような歴史があるのかは意外と知られていない。
 本書で論じられているのは、「知能指数」という概念の背後には人種差別が隠(かく)されているという点である。アメリカで知能テストが発展し普及した背景には、中産階級の白人は労働者階級の黒人よりも生まれつき知能が高いということを「科学的に」証明したいという欲望があったと指摘される。都合のいい結果を得るためにテスト方法やデータの内容は巧妙に改ざんされ、根拠のない理論が形成されていく。科学的な装(よそお)いのもとに差別が巧みに包み隠されていく。
 差別を温存するために科学が悪用されることへの、科学者である著者の痛切な悲しみが本書を満たしている。

文責:常塚 聴(センター研究員)

最近のブックレビュー一覧
[2008年9月]:『偽善エコロジー〜「環境生活」が地球を破壊する』 武田 邦彦 著
[2008年9月]:『人はなぜ歴史を偽造するのか』 長山 靖生 著
[2008年9月]:『イスラエル ありのままの姿』 栗谷川 福子 著
[2008年8月]:『街場の現代思想』 内田 樹 著
[2008年8月]:『日本を降りる若者たち』 下川 裕治 著
Backnember ページトップへ
濁浪清風今との出会いブックレビュー
研究活動報告出版物紹介講座案内バックナンバー一覧
親鸞仏教センター
MAP
親鸞仏教センターTwitter親鸞仏教センターfacebook

親鸞仏教センター [真宗大谷派]<br>〒113-0034 東京都文京区湯島2-19-11
TEL 03-3814-4900 
FAX 03-3814-4901 
mail:shinran@higashihonganji.or.jp
 
掲載の記事・写真の無断転載を禁じます
Copyright©The Center for Shin Buddhist Studies. All rights reserved.
ホーム 親鸞仏教センター概要 講座のご案内 スタッフ紹介 バックナンバー一覧 リンク サイトマップ アクセス