親鸞仏教センター
お問い合わせ
 
「現代を生きる人々」と対話するために
HOME親鸞仏教センター概要アクセスサイトマップ
濁浪清風今との出会い研究活動報告出版物紹介講座案内研究員一覧
 HOME > ブックレビュー > ブックレビュー(書評)
ブックレビュー(書評)
2008年 10月
『ほんとうはこわい「やさしさ社会」』
  森 真一 著 [ちくまプリマー新書 760円 2008年]

 現代の日本社会では「やさしさ」や「楽しさ」が、ほとんど無批判に良いものとされている。こうした過剰な「やさしさ社会」で、陰湿ないじめや子どもの虐待(ぎゃくたい)などが起こるのはなぜか。「人生は楽しいことばかりではない」というのは一昔前までの日本人にとっては、極めて平凡な人生観であった。しかし現代では「人生は楽しまなければ」といった物言いがあちこちにあふれている。このことが、人間が生きていくうえでつきまとう闇の部分をいたずらに見えなくすることに一役買っているとすれば、むしろ不健全なことではないのか、と筆者は指摘する。
 そのような建前(たてまえ)の価値観の蔓延(まんえん)した社会は、本当はやさしくも楽しくもない社会を生みだしているのかもしれない。

文責:山本伸裕(センター研究員)

最近のブックレビュー一覧
[2008年12月]:『宗教のえらび方―後悔しないために―』 星川 啓慈 著
[2008年11月]:『見えないアメリカ〜保守とリベラルのあいだ』 渡辺 将人 著
[2008年11月]:『「生きづらさ」について―貧困、アイデンティティ、ナショナリズム―』 雨宮 処凛・萱野 稔人 著
[2008年11月]:『サイード自身が語るサイード』 エドワード・W・サイード+タリク・アリ 著
[2008年10月]:『ヴァーグナーとインドの精神世界』 カール・スネソン 著
Backnember ページトップへ
濁浪清風今との出会いブックレビュー
研究活動報告出版物紹介講座案内バックナンバー一覧
親鸞仏教センター
MAP
親鸞仏教センターTwitter親鸞仏教センターfacebook

親鸞仏教センター [真宗大谷派]<br>〒113-0034 東京都文京区湯島2-19-11
TEL 03-3814-4900 
FAX 03-3814-4901 
mail:shinran@higashihonganji.or.jp
 
掲載の記事・写真の無断転載を禁じます
Copyright©The Center for Shin Buddhist Studies. All rights reserved.
ホーム 親鸞仏教センター概要 講座のご案内 スタッフ紹介 バックナンバー一覧 リンク サイトマップ アクセス