親鸞仏教センター
お問い合わせ
 
「現代を生きる人々」と対話するために
HOME親鸞仏教センター概要アクセスサイトマップ
濁浪清風今との出会い研究活動報告出版物紹介講座案内研究員一覧
 HOME > ブックレビュー > ブックレビュー(書評)
ブックレビュー(書評)
2008年 12月
iPS細胞〜世紀の発見が医療を変える』
  八代 嘉美 著 [平凡社新書 660円 2008年]

 現代資本主義社会は、あくなき自己の利益の追求が他者の利益にもつながるという信仰的原理によって成り立つと言ってよい。iPS細胞の研究は、まさにそうした、自分を生かし他人を生かす理想的社会の実現に向けて、大きな役割を果たすことが期待されている。
 本書はiPS細胞と再生医療の現在を詳しく、かつ分かりやすく教えてくれる。ただ、iPS細胞の研究の推進には、生命への介入による人間性の喪失の可能性などの危惧も根強く叫ばれ続けてもいることは忘れてはならない。
 著者は、その種の警鐘に対して、「急速な科学の流れを感じつつも、生命の根源という究極の知識へたどり着こうとするファウスト的な科学者への違和感、何よりも神への畏(おそ)れ」を抱いた19世紀人の懸念や憂鬱(ゆううつ)の反復に過ぎないと論じているが、果たしてそうであろうか。
 ともかくも、本書はそうした生命倫理のありようについて深く考えさせてくれるという点で好著であることは確かである。

文責:山本伸裕(センター研究員)

最近のブックレビュー一覧
[2009年2月]:『洋行の時代 岩倉使節団から横光利一まで』 大久保 喬樹 著
[2009年2月]:『ゾウの時間 ネズミの時間 −サイズの生物学』 本川 達雄 著
[2009年1月]:『「待つ」ということ』 鷲田 清一 著
[2009年1月]:『テレビと宗教』 石井 研士 著
[2009年1月]:『機関銃の社会史』 ジョン・エリス 著
Backnember ページトップへ
濁浪清風今との出会いブックレビュー
研究活動報告出版物紹介講座案内バックナンバー一覧
親鸞仏教センター
MAP
親鸞仏教センターTwitter親鸞仏教センターfacebook

親鸞仏教センター [真宗大谷派]<br>〒113-0034 東京都文京区湯島2-19-11
TEL 03-3814-4900 
FAX 03-3814-4901 
mail:shinran@higashihonganji.or.jp
 
掲載の記事・写真の無断転載を禁じます
Copyright©The Center for Shin Buddhist Studies. All rights reserved.
ホーム 親鸞仏教センター概要 講座のご案内 スタッフ紹介 バックナンバー一覧 リンク サイトマップ アクセス