親鸞仏教センター
お問い合わせ
 
「現代を生きる人々」と対話するために
HOME親鸞仏教センター概要アクセスサイトマップ
濁浪清風今との出会い研究活動報告出版物紹介講座案内研究員一覧
 HOME > ブックレビュー > ブックレビュー(書評)
ブックレビュー(書評)
 
2010年 1月
『信仰が人を殺すとき―過激な宗教は何を生み出してきたのか
  ビー・ウィルソン 著/高儀 進 訳 [白水社 3000円 2009年]

 本書は「末日聖徒イエス・キリスト教会」、いわゆる「モルモン教」の中でも、とくに原理主義的セクトといわれる集団と、そのセクトが関わった殺人事件を扱ったルポルタージュである。
 セクトを離れようとした女性とその幼い娘が、夫の兄弟たちに殺害される。なぜ二人は殺されなければならず、男たちはなぜ弟の妻と娘を殺さなければならなかったのか。その背景にあったのは「モルモン原理主義」を信奉する集団と、「一夫多妻主義」というその教義であった。
 真剣に信仰を求めていった結果が、「神の名による殺人」にまで至ってしまったことは悲劇であるとも言えよう。しかしその深奥には、人間の、「神」という権威を借りて自らの欲望を満たしたいという独善性、権威にしがみついて自らの責任を逃れようとする依存心があるようにも思える。殺人者は神の名を騙(かた)る。しかし手を下しているのは、欲望にまみれた人間なのである。

文責:常塚 聴(センター研究員)

最近のブックレビュー一覧
[2010年4月]:『代替医療のトリック』 サイモン・シン&エツァート・エルンスト 著
[2010年4月]:『生物から見た世界』 ユクスキュル/クリサート 著
[2010年3月]:『いのちをいただく』 内田 美智子 文
[2010年2月]:『幻想の古代史』上・下 ケネス・フィーダー 著
[2010年2月]:『「かなしみ」の哲学―日本精神史の源をさぐる』 竹内 整一 著
Backnember ページトップへ
濁浪清風今との出会いブックレビュー
研究活動報告出版物紹介講座案内バックナンバー一覧
親鸞仏教センター
MAP
親鸞仏教センターTwitter親鸞仏教センターfacebook

親鸞仏教センター [真宗大谷派]<br>〒113-0034 東京都文京区湯島2-19-11
TEL 03-3814-4900 
FAX 03-3814-4901 
mail:shinran@higashihonganji.or.jp
 
掲載の記事・写真の無断転載を禁じます
Copyright©The Center for Shin Buddhist Studies. All rights reserved.
ホーム 親鸞仏教センター概要 講座のご案内 スタッフ紹介 バックナンバー一覧 リンク サイトマップ アクセス