親鸞仏教センター
お問い合わせ
 
「現代を生きる人々」と対話するために
HOME親鸞仏教センター概要アクセスサイトマップ
濁浪清風今との出会い研究活動報告出版物紹介講座案内研究員一覧
 HOME > ブックレビュー > ブックレビュー(書評)
ブックレビュー(書評)
 
2010年 6月
『死生観を問いなおす』
  広井 良典 著 [ちくま新書 720円 2001年]

 幼い頃、特に物心がついて間もない頃、誰もが一度は「死」という得体の知れないイメージに恐怖した経験があるのではないだろうか。しかし日常生活に埋没していく中で、私たちはその素朴な感覚から目を背け、いつしか死という現象について深く考えることをやめてしまう。社会の高齢化にともない、死をいかに捉(とら)えるかということが、いよいよ切実に問われなければならない状況の中にあって、現代人の死生観はまさに「空洞化」してしまっていると著者は語る。このような問題意識から、死と生の位置づけを捉えなおそうとするのが本書の趣意であるが、本書のユニークな点はその際に「時間」という概念を手がかりにしているところにある。著者は、私たちが日常的に意識している時間感覚の深層に、生と死のふれあう場所としての根源的な「聖なる時間」の存在を見いだした。そして、その時間の深層にせまる旅の中で、私たちは正体不明の死というものを、恐怖の対象としてではなく、何かもっと大きくて、もっと優しい「永遠」と呼ぶことの出来る世界として、輪郭(りんかく)づけることが出来るのである。

文責:花園一実(センター研究員)

最近のブックレビュー一覧
[2010年9月]:『安心して絶望できる人生』 向谷地生良/浦河べてるの家 著
[2010年8月]:『夜』 エリ・ヴィーゼル 著
[2010年8月]:『命は誰のものか』 香川 知晶 著
[2010年7月]:『「心の専門家」はいらない』 小沢 牧子 著
[2010年7月]:『出家とその弟子』 倉田 百三 著
Backnember ページトップへ
濁浪清風今との出会いブックレビュー
研究活動報告出版物紹介講座案内バックナンバー一覧
親鸞仏教センター
MAP
親鸞仏教センターTwitter親鸞仏教センターfacebook

親鸞仏教センター [真宗大谷派]<br>〒113-0034 東京都文京区湯島2-19-11
TEL 03-3814-4900 
FAX 03-3814-4901 
mail:shinran@higashihonganji.or.jp
 
掲載の記事・写真の無断転載を禁じます
Copyright©The Center for Shin Buddhist Studies. All rights reserved.
ホーム 親鸞仏教センター概要 講座のご案内 スタッフ紹介 バックナンバー一覧 リンク サイトマップ アクセス