親鸞仏教センター
お問い合わせ
 
「現代を生きる人々」と対話するために
HOME親鸞仏教センター概要アクセスサイトマップ
濁浪清風今との出会い研究活動報告出版物紹介講座案内研究員一覧
 HOME > ブックレビュー > ブックレビュー(書評)
ブックレビュー(書評)
 
2010年 11月
『遺品整理屋は聞いた!―遺品が語る真実―』より
  吉田太一 著 [青春出版社 730円 2008年]

 いま無縁社会という問題が日本を覆(おお)っている。調査によると、引き取り手がなく、自治体によって火葬・埋葬された人=無縁死した人の数は、2008年だけで3万2千人にものぼることが明らかになっており、この数値は今後さらに増えていく傾向にあると言われる。そのような現状を背景に、いま急成長を遂(と)げているのが、死後の身辺整理や、清掃を専門に請け負う遺品整理業という職種である。本書はその先駆けである遺品整理会社キーパーズの社長による、孤独死のルポルタージュである。
 誰にも看取られずに、人生を一人静かに終えていくことが悲惨であると決め付けるべきではない。むしろ、個人の感情を無視して、表面的なつながりを強要する現代の風潮が、この無縁社会の問題の根底に横たわっているとさえ思う。私にはこの問題について善悪を論じることはできないが、ただ本書に書かれているように、この飽食の時代、人で溢(あふ)れかえる都会の真ん中で、誰にも助けを求められずに餓死を遂げていく人たちがいるという現実は、明らかに異常であるということはわかる。理想論をかかげるのは容易(たやす)い。しかし、私たちはまず、このいびつな現実をみつめるところから出発しなければならないのだと思う。

文責:内記洸(親鸞仏教センター嘱託研究員)

最近のブックレビュー一覧
[2011年3月]:『生物と無生物のあいだ』 福岡伸一 著
[2011年2月]:『関係としての自己』 木村敏 著
[2011年1月]:『人間とは何か チンパンジー研究から見えてきたこと』 松沢哲郎 著
[2010年12月]:『がんばれ仏教! お寺ルネサンスの時代』 上田紀行 著
[2010年11月]:『地獄は一定すみかぞかし 小説暁烏敏』 石和鷹 著
Backnember ページトップへ
濁浪清風今との出会いブックレビュー
研究活動報告出版物紹介講座案内バックナンバー一覧
親鸞仏教センター
MAP
親鸞仏教センターTwitter親鸞仏教センターfacebook

親鸞仏教センター [真宗大谷派]<br>〒113-0034 東京都文京区湯島2-19-11
TEL 03-3814-4900 
FAX 03-3814-4901 
mail:shinran@higashihonganji.or.jp
 
掲載の記事・写真の無断転載を禁じます
Copyright©The Center for Shin Buddhist Studies. All rights reserved.
ホーム 親鸞仏教センター概要 講座のご案内 スタッフ紹介 バックナンバー一覧 リンク サイトマップ アクセス