親鸞仏教センター
お問い合わせ
 
「現代を生きる人々」と対話するために
HOME親鸞仏教センター概要アクセスサイトマップ
濁浪清風今との出会い研究活動報告出版物紹介講座案内研究員一覧
講座案内
親鸞思想の解明

本講座は、所長の本多弘之が、親鸞の生きた人生
態度を現代社会の大切な思想として掘り起こし、親
鸞の思想・信念を現代の言葉で表現することを目的
とした連続講座です。
現在は、『仏説無量寿経』をテキストとして、講座を開催しております。
これまでの講座の要旨はこのページの下部よりご覧いただけます

聴 講 無 料 申 込 不 要
回数 日程 会場
第117回
(通算第168回)
2018年12月4日(火) 東京国際フォーラム
ガラス棟(G棟) G610   [Map]
第118回
(通算第169回)
2019年1月9日(水) 東京国際フォーラム
ガラス棟(G棟) G510   [Map]
第119回
(通算第170回)
2019年2月1日(金) 東京国際フォーラム
ガラス棟(G棟) G502   [Map]
いずれも18:30〜20:30(受付開始18:00)
※満席の場合には先着順となりますのでご了承ください。(最大80名まで)
※4月・9月は、休講といたします。
※『真宗聖典』(東本願寺出版)をお持ちの方は、ご持参ください。
※チラシのダウンロードはこちらから (PDF)
講師 講座開設の趣旨


本多 弘之
 親鸞仏教センター所長

■研究領域
 近代教学論

■経歴
1961年  東京大学農学部林産学科卒業
1966年  大谷大学大学院修了、同大学助手
1976年  大谷大学助教授(〜1983年)
1986年  真宗大谷派本龍寺住職
2001年〜 親鸞仏教センター所長
2012年  真宗大谷派より講師(学階)を授与

所長のコラム「濁浪清風」はこちら>>
現代文明の溢(あふ)れる人間社会を生きているものにとって、入手できる情報の範囲はずいぶん広がってはいる。しかし、生まれてから死ぬまで、それぞれの人が与えられる自己の状況に、自分自身が納得し、こころから頷(うなず)けるかというなら、決してそうではない。一般的な条件と、ことさらに自分に起こってくる事件や事実との間には、どう考えても不条理だとしか考えられない落差が出てくるからである。その落差を、仏教的表現では「宿業因縁(しゅくごういんねん)」と教えるのであるが、この宿業因縁を自己に必然の事実であると引き受けることは容易ではない。
 その落差の条件を譬喩(ひゆ)的に表現するなら、「届かない彼方(かなた)」とか「見えざる背景」とか、あるいは「自己に負荷されている祖先の業報(ごうほう)」とかというのであろう。これは、理知分別(ふんべつ)の計数には決して翻訳できない人間の条件なのである。しかもそれが、現実のわれらの生存を厳粛に規定している。この宿業因縁の圧迫から解放しようとする要求が、「浄土を求めさせる要求」の深みにあるのではなかろうか。
講座内容要旨 報告記事
第115回(2018.10.01)要旨
第114回(2018.08.20)要旨
第113回(2018.07.23)要旨
第112回(2018.06.18)要旨
第111回(2018.05.14)要旨
[要旨一覧]
[065] 一念の事実
[064] 人間に死ぬということ
[063] 智慧、大海のごとし
[062] 大悲を行じて生きる
[061] 本願の大きな世界
[報告記事一覧]
ページトップへ
親鸞思想の解明親鸞聖人ご命日のつどい
濁浪清風今との出会い研究活動報告出版物紹介講座案内バックナンバー一覧
親鸞仏教センター
MAP
親鸞仏教センターTwitter親鸞仏教センターfacebook

親鸞仏教センター [真宗大谷派]<br>〒113-0034 東京都文京区湯島2-19-11
TEL 03-3814-4900 
FAX 03-3814-4901 
mail:shinran@higashihonganji.or.jp
 
掲載の記事・写真の無断転載を禁じます
Copyright©The Center for Shin Buddhist Studies. All rights reserved.
ホーム 親鸞仏教センター概要 講座のご案内 スタッフ紹介 バックナンバー一覧 リンク サイトマップ アクセス