親鸞仏教センター
お問い合わせ
 
「現代を生きる人々」と対話するために
HOME親鸞仏教センター概要アクセスサイトマップ
濁浪清風今との出会い研究活動報告出版物紹介講座案内ブックレビュー
講座案内
公開輪読会 2016
 2016年度の公開輪読会は、親鸞仏教センターにおいて、「宗教と生活」 を全体テーマに、下記のとおり開催いたします。当センターの研究員と共に仏教の聖典をひもとき、人類の歴史を貫いて明らかにされてきた仏教の言葉に、現代を生きる力を見いだしていきたいと存じます。
 輪読会で使用する資料は当センターにてご用意いたします。初めての方も是非ご参加ください。

■■Living Discourse on Buddhism
    ――井上円了の『仏教活論』と仏教近代化の諸問題 (全4回)


近代国家としてのあり方を模索していた明治期の日本では、仏教が本来もっている「出世間」的な傾向だけでなく、国家や社会との関わりが厳しく問い直された。仏教はいかにして「世間」と関わるのか。仏教はいかにして「生きた」ものとなるのか。明治の仏教者たちに突きつけられたこの問いを、井上円了の『仏教活論』の読解を中心に考えていきたい。

日 時 第1回 11月25日(金)18:30〜20:30
第2回 12月2日(金)18:30〜20:30
第3回 12月9日(金)18:30〜20:30
第4回 12月16日(金)18:30〜20:30
会 場 親鸞仏教センター
担 当 長谷川 琢哉(はせがわ たくや)
受講料 無料(資料代として1講座(4回)につき500円)
1講座全4回ですが、途中からの参加も可
定 員 35名

■■唯信の生活―『唯信鈔文意』を読む―(全4回)

親鸞が明らかにした浄土真宗において、出家・受戒は必要とされない。肉食・妻帯も問題とならない。親鸞が重視したのは、「ただ信じる」という1点だけであった。しかし真宗の信仰に立つということは、何ら世間と関わらない内面だけの問題なのだろうか? 親鸞は「唯信」によって実現する新たな歩み(生き方・生活)を、どのように考えていたのだろうか? 本輪読会ではこれらの問題を、親鸞の和語の著作である『唯信鈔文意』に尋ねていきたい。

日 時 第1回 1月6日(金)18:30〜20:30
第2回 1月13日(金)18:30〜20:30
第3回 1月20日(金)18:30〜20:30
第4回 1月27日(金)18:30〜20:30
会 場 親鸞仏教センター
担 当 青柳 英司(あおやぎ えいし)
受講料 無料(資料代として1講座(4回)につき500円)
1講座全4回ですが、途中からの参加も可
定 員 35名

■■〈行〉とは何か――『西方指南抄』を読む(全4回)

日常生活や世俗的な活動は、浄土とは無関係なのか。まったく無関係であれば、浄土教が見いだした「生」には一体どんな意味があるのか、単に俗世間を生きるのとは何が違うのか。これは法然が宣言した「専修念仏」の誕生時から問われてきた問題である。こうした問いから、そもそも名号とは何かが反照されていく。口に称えることだけが「南無阿弥陀仏」なのか――こうした問いを、法然の遺文集である親鸞筆『西方指南抄』を手掛かりとして読み解いていく。

日 時 第1回 2月3日(金)18:30〜20:30
第2回 2月10日(金)18:30〜20:30
第3回 2月17日(金)18:30〜20:30
第4回 2月24日(金)18:30〜20:30
会 場 親鸞仏教センター
担 当 中村 玲太(なかむら りょうた)
受講料 無料(資料代として1講座(4回)につき500円)
1講座全4回ですが、途中からの参加も可
定 員 35名

 

◆申し込み・お問い合わせ(※参加ご希望の方は下記までご連絡ください)

E-mail・Faxにてお申し込みの場合は、件名に「公開輪読会2016申し込み」とご記入の上、〕絞愴峭罅´⊇蚕蝓´氏名(ふりがな) は⇒軅菘渡暖峭罅´セ臆担望輪読会名 を明記して、下記までお申し込みください。

親鸞仏教センター「公開輪読会2014」係
〒113-0034 東京都文京区湯島2-19-11
Tel03-3814-4900 Fax03-3814-4901
E-mail shinran-bc@higashihonganji.or.jp




《会場地図》
 地図
ページトップへ
親鸞思想の解明親鸞聖人ご命日のつどい朝日カルチャーセンター
濁浪清風今との出会い研究活動報告出版物紹介講座案内バックナンバー一覧
親鸞仏教センター
MAP
親鸞仏教センターfacebook

親鸞仏教センター [真宗大谷派]<br>〒113-0034 東京都文京区湯島2-19-11
TEL 03-3814-4900 
FAX 03-3814-4901 
mail:shinran@higashihonganji.or.jp
 
掲載の記事・写真の無断転載を禁じます
Copyright©The Center for Shin Buddhist Studies. All rights reserved.
ホーム 親鸞仏教センター概要 講座のご案内 スタッフ紹介 バックナンバー一覧 リンク サイトマップ アクセス