親鸞仏教センター
お問い合わせ
 
「現代を生きる人々」と対話するために
HOME親鸞仏教センター概要アクセスサイトマップ
濁浪清風今との出会い研究活動報告出版物紹介講座案内研究員一覧
 HOME > 研究活動報告 > 公開講座 親鸞思想の解明
研究活動報告
公開講座 親鸞思想の解明
 連続講座「親鸞思想の解明」は、「浄土を求めさせたもの―『大無量寿経』を読む―」の第126回から128回が東京国際フォーラム(有楽町)で行われ、当センター所長・本多弘之が問題提起をし、有識者と一般参加者の方々との間で活発な質疑応答がなされた。ここでは、先に行われた第124回からその一部を紹介する。 (親鸞仏教センター嘱託研究員 越部 良一)
「浄土を求めさせたもの─『大無量寿経』を読む─」51

本当の依り処

親鸞仏教センター所長 本多 弘之

 「愛宝貪重にして、心労し身苦しくす。かくのごとくして竟りに至りて恃怙するところなし」(『真宗聖典』69頁、東本願寺出版)。「恃怙」というのは、「恃」も「怙」もたのむという字です。時間的にずっとたのむようなことではないものを、一応、依り処にする、たのみとする。その場合、本当にたのむということになってない。

 依り処というと、曇鸞大師が解釈の中で出しているのですけれども、いろんな罪を犯したりしているのを、我々の価値観ではたった一度の念仏ぐらいで消せるはずがないと。罪の深さが感じられれば感じられるほど、念仏を一回称えたら消えるなどとそのようなはずがないと思ってしまう。人間の妄念の中で、犯す罪の重さと念仏の重さとを比べて、称える念仏の重さではとても犯罪の重さにかなわないと。こういう人間の考え方は、仏陀の覚りの智慧からすれば妄念でしかないような知恵を根拠に生きてしまっているから起きてくる。独善的に自分が正しいと思って生きてしまっている。そういう秤で計っているのが我々人間の人生の目盛りであると。

 如来の大悲が本当に苦悩の衆生を救い取らんがために案じ出した、それが名号という方法である。この名号の方法を受け止めてそれを行ずるという場合には、依り処が変わるのだと。妄念の立場を転じて、如来の大悲の智慧の立場を依り処にすることによって、重みがまったく変わる。こういう譬喩で曇鸞大師は教えておられます。

 つまり依り処が変わるということが、価値の転換という意味をもたらすことになるのです。我々は妄念で愛着の心で、重いとか軽いとか、正しいとか間違っているとかと判断し続けてきているけれど、その延長上で念仏を考えるのは間違いなのだと。念仏の立場は如来大悲の立場だと。これを本当に受け止めるか受け止めないか、依り処に取るか取らないかという問題は、今度は人間の「信」の問題、信ずるという問題なのです。それなしに行じたのでは妄念でしかない。そういう意味で、本当の依り処という問題を人間はどこかでしっかりと考えなければならない。

 蓮如上人のお書きになった御文に「白骨の御文」と言われるものがありますけれど、人間の人生ははかない、百年ともたないのだと言われた後で、亡くなってしまえば白骨になるのだぞと。だから後生の一大事をたのめと、こう言うのです。論理転換が激しいので、我々が拝読していても、どうしてそうなるのかがよく分からない説得の仕方なのですけれど、情念としてはかないのだぞと教えておいて、だから依り処をしっかり立てなさいと言っているのです。それを「後生の一大事」と言うから、何か後生というのがあるのかなとか、現代の生活からすると何のためにそういうことを教えるのかがよく分からない。でも、あれは本当の依り処をしっかりと、はっきりとさせなさいということを言っているのです。そういうことを思うのです。
(文責:親鸞仏教センター)
>>公開講座「親鸞思想の解明」のご案内
本講座は、公開(無料)で開催しています。
Backnember ページトップへ
公開講座 親鸞思想の解明 現代と親鸞の研究英訳『教行信証』研究会
清沢満之研究会 「三宝としてのサンガ論」研究会
「正信念仏偈」研究会源信『一乗要決』研究会聖典の試訳『尊号真像銘文』研究会
近現代『教行信証』研究検証プロジェクトインタビュー
濁浪清風今との出会い研究活動報告出版物紹介講座案内バックナンバー一覧
親鸞仏教センター
MAP
親鸞仏教センターTwitter親鸞仏教センターfacebook

親鸞仏教センター [真宗大谷派]<br>〒113-0034 東京都文京区湯島2-19-11
TEL 03-3814-4900 
FAX 03-3814-4901 
mail:shinran@higashihonganji.or.jp
 
掲載の記事・写真の無断転載を禁じます
Copyright©The Center for Shin Buddhist Studies. All rights reserved.
ホーム 親鸞仏教センター概要 講座のご案内 スタッフ紹介 バックナンバー一覧 リンク サイトマップ アクセス