親鸞仏教センター
お問い合わせ
 
「現代を生きる人々」と対話するために
HOME親鸞仏教センター概要アクセスサイトマップ
濁浪清風今との出会い研究活動報告出版物紹介講座案内研究員一覧
 HOME > 研究活動報告 > 聖典の試訳:『尊号真像銘文』研究会
研究活動報告
聖典の試訳『尊号真像銘文』研究会
■ 問題提起
 末巻」の二番目、源空(法然)聖人の真影に記された銘文を取りあげている。それは元来、吉水の法然門下で、親鸞の兄弟子・隆寛(原文では「劉官」と表記)が、法然の徳を讃嘆した文である。その讃銘文を、親鸞が解釈するという構造になっているのだが、隆寛による銘文(漢文)の意と親鸞の解釈には決定的なちがいもあるように思われる。その「ちがい」が焦点となる。

 親鸞はここで、「信心の人のいただき」に注目している。「いただき(頂)」とは、「頭」、存在の要である。親鸞の言う、「仏心」によって「信心の人のいただきをつねにてらしたもう」とは、「頭が下がる」という我々における信心と、「必ず救う」という阿弥陀仏の大いなる慈悲心とが、完全に相応することを表しているのではないだろうか。「頭が下がる」ということは、どこまでいっても頭が下がらない、傲慢不遜な自分の姿を言い当てられることに始まるのではないか。気がつけば、自分のちっぽけな理知分別を、絶対であるかのように思い込み、現実を歪めて解釈している。「目の前の事実に謙虚になりなさい」という親鸞からの呼びかけとして、この銘文のこころをいただいていきたい。 (親鸞仏教センター嘱託研究員 菊池 弘宣)
聖典の試訳(現代語化)
『尊号真像銘文』末巻 ③ 「源空聖人の真影の銘文(隆寛による銘文)」後半

原文
日本源空聖人の真影
 四明山権律師劉官讃「普勧道俗 念弥陀仏 能念皆見 化仏菩薩 明知称名 往生要術 宜哉源空 慕道化物 信珠在心 心照迷境 疑雲永晴 仏光円頂 建暦壬申三月一日」(普く道俗を勧めて弥陀仏を念ぜしむ。能く念ずれば皆化仏菩薩を見たてまつる。明らかに知りぬ、名を称するは往生の要術なり。宜きかな、源空、道を慕ひて、物を化しむ。信珠心に在り、心迷境を照らす。疑雲永く晴れて、仏光頂に円かなり。建暦壬申三月朔日)

 (中略)※中略部分は『親鸞仏教センター通信』第七三号に掲載

 「宜哉源空」ともうすは、宜哉は、よしというなり。源空は聖人の御名なり。「慕道化物」というは、慕道は無上道をねがいしたうべしとなり。化物というは、物というは衆生なり。化はよろづのものを利益すとなり。「信珠在心」というは、金剛の信心をめでたきたまにたとえたまう。信心のたまをこころにえたる人は、生死のやみにまどわざるゆえに、「心照迷境」というなり。信心のたまをもって愚痴のやみをはらいあきらかにてらすとなり。「疑雲永晴」というは、疑雲は願力をうたがうこころをくもにたとえたるなり。永晴というは、うたがうこころのくもをながくはらしぬれば、安楽浄土へかならずうまるるなり。無碍光仏の摂取不捨の心光をもって信心をえたる人をつねにてらし、まもりたもうゆえに、「仏光円頂」といえり。仏光円頂というは、仏心をしてあきらかに信心の人のいただきをつねにてらしたまうとほめたまいたるなり。これは摂取したまうゆえなりとしるべし。

現代語化
日本源空聖人の真影
 四明山(比叡山)に所属する、権律師の隆寛(「劉官」)が、源空(法然)聖人を讃嘆している文である。「普勧道俗 念弥陀仏 能念皆見 化仏菩薩 明知称名 往生要術 宜哉源空 慕道化物 信珠在心 心照迷境 疑雲永晴 仏光円頂 建暦壬申三月一日」

 (中略)※【原文】参照

 「宜哉源空」の「宜哉」とは、「本当にその通りです」と隆寛律師が、源空聖人をほめたたえているのである。「源空」とは、法然聖人の尊い志をあらわす仏弟子としての名なのである。「慕道化物」の「慕道」とは、この上ない仏に成るさとりを願い、慕いなさいという源空聖人の歩みを通した呼びかけである。「化物」の「物」とは、生きとし生けるものである。「化」は、この上ない仏に成るさとりを願い、慕う歩みが、あらゆるものを教化し、利益を与えるというのである。「信珠在心」というのは、隆寛律師が、金剛の信心をみごとな宝石の珠にたとえてくださっている。信心という宝珠を心に獲得した人は、生死という迷いの暗闇の中で惑うことがない。だから「心照迷境」というのである。信心という宝珠の光によって、愚痴の暗闇を除き、完全に明るく、照らすというのである。「疑雲永晴」の「疑雲」とは、阿弥陀如来の本願のはたらきを疑惑する、その心を雲にたとえたのである。「永晴」というのは、煩悩具足の凡夫には、疑う心が雲のように常に覆っている。それを信心という宝珠が透き通る光によって、常に照らし出し晴らしている。それゆえ阿弥陀如来の安楽浄土に必ず生まれるというのである。無碍光仏(阿弥陀仏)は、すべてのものを摂め取って、決して見捨てない。その大いなる慈悲の心よりあらわれる光明で、信心を獲得した人を常に照らし、護っていてくださる。そういうわけで「仏光円頂」といっている。「仏光円頂」というのは、無碍光仏が大いなる慈悲の心で、完全に明るく、信心の人の頭(頂)を常に照らしてくださっている。そのように隆寛律師が、ほめたたえておられるのである。これは、無碍光仏が光明のはたらきで、信心の人を摂め取ってくださっているからである、と知らなくてはならない。

 ※銘文(漢文)に付した訓読文の出典は、『本尊色紙文』である。『真宗聖教全書』第五巻所収のものによった。

《語 註》

仏光円頂:隆寛による銘文の「仏光円頂」とは、ひとえに法然の功徳を讃嘆した言葉であると思われる。ただ、読み手がその根拠を、「法然という特別に優れた人」に見てしまうならば、「仏光円頂」の「光」を、「法然の有するカリスマ的な智慧・能力」として崇めることになりかねない。親鸞は、「仏光円頂」について、「阿弥陀仏が摂取不捨の大慈悲の心よりあらわす光によって、信心を得た人の頭(頂)を常に照らし護る」と解釈している。その根拠は、どこまでも「阿弥陀仏という法のはたらき」にあると言って讃嘆するのである。

■現代語化をめぐって

【原文】(「略本」親鸞八十三歳時の読み方)
「慕道化物」というは、慕道は無上道をねがいしたうというなり。

【原文】(「広本」親鸞八十六歳時の読み方)
「慕道化物」というは、慕道は無上道をねがいしたうべしとなり。

※親鸞著作の『尊号真像銘文』には、巻末に「愚禿親鸞八十三歳 書写之」とある「略本」と、「愚禿親鸞八十六歳書之」と記されている「広本」との二種類がある。

「慕道化物」の読み方について、この銘文の作り手である隆寛は、源空(法然)を主語にして、「源空聖人の成仏道を志す歩み・教化する姿」を、一貫して讃えていると思われる。その銘文を解説する親鸞も基本的には、源空のことを念じているのだが、親鸞の場合、『尊号真像銘文』の「略本」から「広本」にかけて、自身の原文の読み方を転換している。「広本」では、「慕道は無上道をねがいしたうべしとなり」と書き改め、親鸞はその意を、「無上道を願い、慕いなさい」という「源空聖人からの呼びかけ」として受けとめたと見ることができる。

 そのように読むことによって、次の原文、「信珠在心」からの主語は、源空聖人の呼びかけ・教化を受けた者の主体の側へとダイナミックに展開していくと受け取ることができる。すなわち、主語となる「信心をえたる人」を、親鸞は源空だけに限定せず、親鸞自身にも引き当てて、さらには銘文の読み手をも巻き込みながら、われわれも当事者であるという意識を喚起していく。

 この「慕道化物」の読み方が、この銘文における親鸞の本意を読み解く上でのターニングポイントであるといえる。

Backnember ページトップへ
公開講座 親鸞思想の解明 現代と親鸞の研究英訳『教行信証』研究会
清沢満之研究会 「三宝としてのサンガ論」研究会
「正信念仏偈」研究会源信『一乗要決』研究会聖典の試訳『尊号真像銘文』研究会
近現代『教行信証』研究検証プロジェクトインタビュー
濁浪清風今との出会い研究活動報告出版物紹介講座案内バックナンバー一覧
親鸞仏教センター
MAP
親鸞仏教センターTwitter親鸞仏教センターfacebook

親鸞仏教センター [真宗大谷派]<br>〒113-0034 東京都文京区湯島2-19-11
TEL 03-3814-4900 
FAX 03-3814-4901 
mail:shinran@higashihonganji.or.jp
 
掲載の記事・写真の無断転載を禁じます
Copyright©The Center for Shin Buddhist Studies. All rights reserved.
ホーム 親鸞仏教センター概要 講座のご案内 スタッフ紹介 バックナンバー一覧 リンク サイトマップ アクセス